中西食品株式会社

Q & A知っておきたい開業の基礎知識

ラーメン店をはじめるQ&A

ラーメン店の開業をお考えの方のために、基本的な疑問のあれこれにお答えします。

+
ラーメン店を開業するにあたって、基本的に資格や免許は不要です。法律で定められているのは、食品衛生管理者がお店に常駐しなければならないということです。この食品衛生管理者には、講習を1日講すればなることができます。なお、栄養士や調理師の資格を持っている方は、この講習を受けなくても開店することができます。
+
一例としまして、15坪で客席11席のラーメン店を約600万円で開業したケースがあります。開業予算は場所や物件、内装によって大きく異なりますが、じっくり探せば比較的安く開業できる物件もあるようです。
+
ラーメン店を開業するにあたって、基本的に資格や免許は不要です。法律で定められているのは、食品衛生管理者がお店に常駐しなければならないということです。この食品衛生管理者には、講習を1日講すればなることができます。なお、栄養士や調理師の資格を持っている方は、この講習を受けなくても開店することができます。
+
当社のお客様には、東京ラーメンから沖縄そばまで、あるいは大店舗からこじんまりした店舗まで多種多様なラーメン店がございます。その中でどんなラーメン店が繁盛しやすいかということは、ひとことで言いあらわすことができません。ただ最近の傾向としては、ラーメンの味もさることながら、お店の雰囲気や接客サービスのよさなど、全体のバランスがとれたお店が成功されているようです。
+
正直申し上げて、もうかる商売だといっていいと思います。たとえばラーメン店で500円のラーメンを食べたとします。その原価は、麺1玉が50円前後。そのほかのスープやたれ、具材を考えあわせても、原価率は30~35%ですむのが一般的です。
+
当社では全国各地のラーメンの麺を製造しています。お客様のスープを試食させていただいた上で、そのスープにいちばん合った麺をご提案いたします。ご連絡いただければ、専門のアドバイザーがお伺いいたします。
+
当社は本来、1店1店にあったオリジナル麺を提供することをモットーとしています。ラーメン店のスープは1店1店違います。こだわりのあるラーメン店のために、スープと麺との最高のコラボレーションをご提案いたします。
+
たしかに最近、低価格路線のラーメン店も増えてきています。その場合は、300種の既成麺からお選びいただければ、コストも低く抑えられます。また既成麺をアレンジしたセミオーダー麺も承っています。
PageTop